日記・コラム・つぶやき

2018年9月22日 (土)

ピダハン。一度に一日ずつ生き楽しむことを教えてくれた人がいた。

一度に一日ずつ生き楽しむことを教えてくれた人は、京都から来た女性だった。

空きの時間があると、本を読んでいた女性の朝のスピーチで話した内容です。

ピダハン」、アマゾンの奥地に住む集団の名称である。

この本は、聖書伝道師言語学者が書いたものであるが、彼を無神論者にしてしまうほどの経験によるものである。

だが彼らには、命を脅かす疾病の不安がある(マラリア、感染症、ウィルス、リーシュマニアなど)。性愛の関係もある。家族のために毎日食料を調達しなければならない。乳幼児の死亡率は高い。猛禽な爬虫類や哺乳類、危険な虫などに頻繁に遭遇する。彼らの土地を侵そうとする侵入者の暴力にもさらされている。

~~~~~~~違いは、私は慌てふためくが、彼らは慌てないということだ。

~~~~~~ピダハン語には「心配する」に対応する語彙がない。

MITの認知科学の研究グループは、ピダハンはこれまで出会ったなかで最も幸せそうな人々だと評していた。

引用:「ピダハン」ダニエル・L・エブェレット著、みすず書房

「ピダハン」の筆者は、20年間にわたりピダハン語を研究し、聖書を彼らに伝えようとしていたが、ピダハンの哲学が優れていることを悟り、無神論者になってしまいました。

1537624549513_2
「ピダハン」ダニエル・L・エブェレット著、みすず書房

聖書の教えは、ピダハンにとっては、爆笑ものであり笑い話だったのです。

ピダハンには、天国も地獄もなくまた、過去も未来も無い。不安や恐れも、絶望も無い。

あるのは、目の前のジャングルと現在だけでした。

そして、いつも笑顔で幸せそうに生きている人たち


ピダハンの脳には、とてつもない哲学が存在していたのです。

信じれるものは、自分だけであり自分の事は、自分で始末するという。

子供でさえ、自分の生命は自分で守らなければならなという、残酷なほど厳しい。

ピダハンの人生は、大変に厳しく危険に満ちているだめ、一度に長い時間を続けて寝ないと言うくらい過酷でした。

ピダハンと呼ばれる人たちは、この現実を自らの強靭な肉体と精神で生き楽しむことをしていたのでした。

これでは、聖書のイエス・キリストの話なんて、お粗末で笑い話しかならないし、信じている自分は、彼らからしてみれば劣等な生き物にしか見えない。


京都から東京へあてもなく来た女性が言ったこと。

『過ぎた事はどうでもいい事、明日の事は知らない事で、
一度に一日ずつ生きて行けばいい。』



確かに、生きていくことは一日一日の積み重ねに過ぎない。
ただそれだけのこと。

《この現実を生きれることが、俗に言う天国だと言う事》
このことを、忘れたいた。

一度に一日ずつ生き楽しむことを教えてくれた人は、京都から来た女性だった。

Arunosky_2
Aruno

2018年9月12日 (水)

夏の想い出は綺麗すぎて忘れられない。シンガーソングライター木村結香「花火」。

今年の夏の思い出は、綺麗すぎる。

私の 2018年の夏は、終わった。

この夏の出来事は、これからの私にとって大切なもの。

これに違いはないと、私には言い切れる。

天候は日々暑かった、それよりも仕事場は人の熱気に溢れて熱かったのです。

朝 4 時まで、仕上げに費やした人もいたし、

全員が持てる力のすべてを発揮してくれたのです。

仕事の出来具合よりも、嬉しかったことがありました。

それは、

Kimuyuka0253

ある人の、ぼそりと言った一言でした。

「~さんの言葉にを感じた。」

最後の日に、こんな歯の浮くような言葉を言うなんて、

胸に込み上げるものが、でも堪(こら)えた。

この思い出は、私の宝物
消せない思い出です。

消えないように、君に会えるように、
もう一度この夏の思い出を蘇らせたい。


人それぞれの今年の夏は、終を告げたのです。

夏から秋へと移り変わる季節、誰でもひと夏を振り返ってしまう。

でも、夏の出来事は、思い出の中にしかない。

シンガーソングライター木村結香「花火」 MV。

一瞬で、消えてしまうのか。
でも消せやしない、消えて欲しくない、夏の思い出

「花火」

20637985_1363853520400032_161822519

夏の思い出は、綺麗すぎて忘れられない。

2018年8月 5日 (日)

爽やかで自由な未来を、笑顔が素敵なシンガーソングライター木村結香さん「キラキラ」

新しい未来を感じさせる、「キラキラ」が素敵でした。

今年の夏は、たいへん暑い日が続いていますが、
そんな中の7月15日に千葉県千葉市美浜区のショッピングモール、
ミハマニューポートリゾートで無料ライブがありました。

 

この日は、爽やかな風が吹いてくれて、過ごしやすい日でした。
ステージでは、シンガーソングライターの木村結香(きむらゆか)さんが歌っていました。

 

今年の5月連休に作った歌だそうですが、何かを感じさせるものがあるのです。
いつもの日常で、忘れかけていたものでしょうか!。

 

ちかごろ、「未来(みらい)」と言う言葉を多くの人が、口にしなくなったような気がします。
毎日をいつもの通りのままでも、日常生活は営んでいけるからでしょうね。

 

でも、それは違った。
身近(みじか)にある世界は未来は、もっと広くて自由で楽しいのです。

 

木村結香さんが創り出した詩(うた)は、
この日のように、爽(さわ)やかにどこまでも広がる自由な未来を、
感じさせてくれました。

 

この詩(うた)の世界は、
木村結香さんが言う「アオノセカイ」でしょうか。

 

笑顔が素敵な、シンガーソングライター木村結香さんの「キラキラ」でした。

 

 

201807151340

 

2018年3月24日 (土)

シンガーソングライター木村結香の魂の一曲は、冷静の中に情熱があふれでていた。

第7回福魂祭でギター弾き語った木村結香は、音楽の力を見せてくれた。

今年、2018年3月11日に福島県郡山市で行われた福魂祭(ふっこんさい)へ、
木村結香(きむらゆか)さんは初めての出演でした。

出演が公表されたのは、2月26日でしたが、それ以前より福魂祭の目的にあう歌を選曲していたようです。

また、一番大切な福魂祭で歌うことの意味を、感じとってくれていました。

木村結香さんは、シンガーソングライターとして今までない素晴らしい歌を、
披露(ひろう)してくれました。

スポットライトの中、『シンガーソングライター木村結香のギター弾き語り』は、
冷静(れいせい)の中に情熱(じょうねつ)があふれでていた。

ここにいた、人たち子どもたちに、感動とともに勇気をもたらしたと思います。

シンガーソングライター木村結香の魂(たましい)の一曲は、
冷静の中に情熱があふれでていた。

 木村結香 / 「欲しがりな私の手」

Kimuyuka_2
木村結香 Official Web サイト

福魂祭とは、2011年3月11日に東日本大震災が発生しましたが、原発事故の影響で
復興が遅れている福島の人々や、特に辛い思いをしてきた子どもたちに、
誇りと勇気を持ってもらうこと。
同時に、このことを全国に発信することで、福島を復興・再生することでした。
第7回福魂祭、主催:福魂祭実行委員会。ビックパレットふくしま

2018年1月31日 (水)

笑顔が素敵なシンガーソングライターは、わたしの表情を豊かにしてくれた。

今年、三回目の新年会は都内の
 アートギャラリー【Ego - Art & Entertainment Gallery】を借り、
シンガーソングライター木村結香さんが、惜しみなく歌を弾き語ってくれました。

作詞、作曲のオリジナル曲で17曲だったろうか。


歌う曲のすべてに、作ったときの背景や思いを話してくれましたね!

この背景や思いを同じように抱き
表現できず鬱積(うっせき)したままの人にとっては、
心線が振れてしまい、感無量だったでしょうか。


『シンガーソングライター木村結香』さんがしたことは、
あなたが表現できずにある感情を、豊かに表現できるようにしたことでした。

《楽しいことも、うれしいことも、悲しいことも、切ないて泣きたい時も。》


出展:アートギャラリー Ego - Art & Entertainment Gallery様より

*ラジオでお笑い芸人か、落語家が言っていた。
 「最近、思いっきり泣いている人も、笑っている人も見かけない」。
 「オレの仕事は、そんな人たちを心底笑わせたり、泣かすことだ」って。


『シンガーソングライター木村結香』


シンガーソングライター
『シンガーソングライター木村結香』



 

2018年1月 7日 (日)

けやき坂46の人気の秘密は、詩に哲学がある。

嫌われる勇気』の本を読んだら、『不協和音』の言葉を思い出した。

嫌われる勇気と言う本は、心理学者のフロイトやユングと同じ頃に存在した、
アルフレッド・アドラー(1870~1937)の心理学を、分かりやすく表現した本である。


この本は、劇的であり心理学を超えた哲学書でもある。
哲学には、明確な答えが無いと言われています。

けやき坂46の詩とダンスの表現は、
アドラーの哲学を具現化しているとしか思えないのです。

アドラーは、フロイト的なトラウマを否定し、
過去に囚われない生き方を示している。

自らが正義だと思うなら、正義を貫かなかったら「嘘」をついた事になると言う。

『語るなら未来を・・・』

本の中に、
若者は、大人より進んでいる』と書いてあるが、その通りだ。

詩の中から、大切なものを感じとっている筈だ。
この感性と感じた事を、いつまでも忘れないで欲しいと思う。

生きてい行く生命力には、年齢は関係ないと私は思っている。
なぜなら、
若い君たちには、私の感性では勝てないものがあるからだ。

『不協和音』

Arunosky
aruno


2018年1月 3日 (水)

初詣のおみくじは、最高の贈り物。

新年早々のおみくじは、『末吉』で戒めの言葉に感動した。

初詣のため、新しいシャツと新しいジーンズを着用して古いお寺へ行きました。
昇殿しようかと思っていましたので、心身を綺麗にして行ったつもりです。

先ずは、手清水を行いまして、本堂の前で賽銭を上げて祈願しました。
それから、おみくじを引きました。

おみくじは、長い竹が入っている筒を振って出てきた竹の番号のおみくじをもらいます。
おみくじは、『末吉』でした。

おみくじの中身には、小さな字でたくさんの事が書いてありました。
その多くは、普通にみて期待するような内容でなく、『戒め』的な感じの文です。

Img_20180103_141120_2
弘法寺、市川市

普通に期待するような事は、何一つかいてない。
このままだと、良くないとかが書いてありました。
私にとっては、たいへんに厳しい内容で、この身にしみて痛い。

すべてを読んだ。
新年早々、心が折れてしまった。

一つ一つの文の終わりには、『~をすること』と書いてありました。
その『~をすること』とは、日常生活する上で、ごく普通なこと。
言葉では、簡単ですが忘れがちなことだったのです。

我を押し通そうとすれば、角がたって傷付く人もいるかもしれないし、
喰いすぎれば、腹も壊すし、夢みても努力なくして落ち込むなんて、救えないとか。
そうか、それらの戒めを守って生活すれば、上手く行くってことか。


新年早々のおみくじは、私にとっては最高の幸運な贈り物。
今年の願いは、叶いそうだ。
願いが叶ったら、凄いことになる気がする。

Img_20180103_150517


*ちなみに、中年のご婦人は『小吉』らしく「もう一回、引きたい」って言っていました。
 それくらい、人を喜ばすことが無いおみくじでした。
 流石に、鎌倉時代から続く由緒正しいお寺だ。

*なお、ここは若い人のデートコースにもなっています。
 若いカップルへ渡されたおみくじの筒は、自分のとは色が違っていましたから、
 若いカップル向けのおみくじの内容は、一般の人が違う気がします。

Arunosky

初詣のおみくじは、最高の贈り物かもしれない。



2018年1月 1日 (月)

勇気を振り絞ったら、空がこんなにも綺麗だった。

勇気を振り絞ったら見える世界が変わった。

昨年の最後には、人生最後の勇気だと思う。
普通には、覚悟とか言うらしいけど、私の言葉は『勇気』だ。

約束の時間は、一年とした。
一年後は、どうなるかわからない。

私の人生は、残り一年としたのです。
もしかしたら、一年で使い切ってしまうかもしれない。
それもいいことだろうと思う。

勇気をだしたら、
目の前に見える世界は、輝いていた。
一日の終わりに沈む夕日は、あまりにも綺麗で残酷に感じる。
今日という一日が、もっと欲しい。

Img_0042
夏、川沿いの夕日




勇気をだして進むことは不安なこと、
途中で、人の優しさにふれたら、自分も優しくなってしまいます。
想いを込めた歌が、こんなにも感じてしまうとは。


#シンガーソングライター,#木村結香,


勇気を振り絞った代償は、大きな損失かと思って恐れていたが、
実際は違っていたのです。

人生は、感動に満ちていて豊かなロマンにあふれていたのです。

 勇気を振り絞ったら、空がこんなにも綺麗だった。

2017年12月13日 (水)

笑顔をくれた、シンガーソングライター木村結香さん。

自分に笑顔をくれた、シンガーソングライター。

12月8日、青山にあるライブハウスへ、行きました。
シンガーソングライターの木村結香さんのライブを、見に行ったのです。

思っていたより、迫力があって感動的でした。
バック演奏には5人いました。
ドラム・エレキ2・オルガンみたい・コーラスがあり、ピタッと決まってカッコよかった。

モチベーションが上がる曲があったが、感動的で興奮しこの時は、
心拍数が高くなったでしょう!



シンガーソングライターの木村結香さんは、とても明るい健康的で、
笑顔が素敵な人ですね。

まわりの人を、元気に笑顔にしてしまう。


ライブを聴きに行って、
自分は、こんなにも感じるし『私は、純粋なこころがある。』と思えて、
嬉しくなりました。

偶然にめぐり逢ったこと、これを機に私は、今までの私でななく、
今日の私は、素敵な笑顔というようにしたい。

Img_20170521_134144

笑顔をくれた、シンガーソングライター木村結香さん。

今日の私は、素敵な笑顔。

2017年11月24日 (金)

人間って捨てたもんじゃ無い。

私は、近頃二十九年間勤めた会社を退職しました。

退職の日、午後に二時頃、
本社から少し離れた職場でしたが、門のところで女子社員を含めて二十数人が、
最後のお別れのお見送りをしてくれました。

私は、さりげなく挨拶をして帰ろうかと思っていましたが、
誰かが、『~さんの見送りをします。手の空いている人は門のところへ』
子供じみてると思ってしまいましたが、若い人が多いからしょうがないか。

でも、この時の別れの言葉には『ご苦労様。』はなかった。
みんなが言ってくれた言葉は、『成功を祈ってます、頑張って。』です。

Img_20171120_164816

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

辞表を出したときは、みんなに止められました。
『どうして、今なの』
『もう少し、頑張れば三十年で~~~だよ。もったいない。』
上司も、机に額を付けてまでしても、私を引きとめようとしました。

『辞める』と言うことを言葉にした以上は、
引っ込めることはできません。
退職は、ほとんど強引でした。

『辞めてどうするの?、行くところあるの?』

「無いよ、特に何もしない」
『何処かへ行くの、お金はどうするの。』
「何処へも行かない、一年は持つと思う。」と
返事をしていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

門を出て交差点まできて、振り返ってみたら、まだ、手を振っています。
私が、見えなくなるまで手を振っていたのです。

交差点を渡ろうとしたとき、
遠くから『~さあん、成功祈る、頑張って。』って声がしたとき、
少し胸にこみ上げるものがありました。

一瞬、立ち止まってしまったが、振り返らない。
振り返ったら、涙が出てしまうかもしれない。
未練が、残るかかもしれないと思い、
急いで交差点を渡りきりました。


みんな、私の私情を分かっていたんだ。
誰も、理解できないと思っていたけど。
私には、これしか無いと思っていたことも。!


帰りの電車の中、最後のお別れの言葉
『~さあ~ん、成功祈ります、頑張って。』って声が、
聞こえていました。


ほん心を、言えば分かり合えるんだ。


人間って、捨てたもんじゃ無い!


みんな、ありがとう。
「かならず、成功させて見せるね。」

Arunosky

人間って、捨てたもんじゃ無い








より以前の記事一覧

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想