旅行・地域

2018年9月22日 (土)

ピダハン。一度に一日ずつ生き楽しむことを教えてくれた人がいた。

一度に一日ずつ生き楽しむことを教えてくれた人は、京都から来た女性だった。

空きの時間があると、本を読んでいた女性の朝のスピーチで話した内容です。

ピダハン」、アマゾンの奥地に住む集団の名称である。

この本は、聖書伝道師言語学者が書いたものであるが、彼を無神論者にしてしまうほどの経験によるものである。

だが彼らには、命を脅かす疾病の不安がある(マラリア、感染症、ウィルス、リーシュマニアなど)。性愛の関係もある。家族のために毎日食料を調達しなければならない。乳幼児の死亡率は高い。猛禽な爬虫類や哺乳類、危険な虫などに頻繁に遭遇する。彼らの土地を侵そうとする侵入者の暴力にもさらされている。

~~~~~~~違いは、私は慌てふためくが、彼らは慌てないということだ。

~~~~~~ピダハン語には「心配する」に対応する語彙がない。

MITの認知科学の研究グループは、ピダハンはこれまで出会ったなかで最も幸せそうな人々だと評していた。

引用:「ピダハン」ダニエル・L・エブェレット著、みすず書房

「ピダハン」の筆者は、20年間にわたりピダハン語を研究し、聖書を彼らに伝えようとしていたが、ピダハンの哲学が優れていることを悟り、無神論者になってしまいました。

1537624549513_2
「ピダハン」ダニエル・L・エブェレット著、みすず書房

聖書の教えは、ピダハンにとっては、爆笑ものであり笑い話だったのです。

ピダハンには、天国も地獄もなくまた、過去も未来も無い。不安や恐れも、絶望も無い。

あるのは、目の前のジャングルと現在だけでした。

そして、いつも笑顔で幸せそうに生きている人たち


ピダハンの脳には、とてつもない哲学が存在していたのです。

信じれるものは、自分だけであり自分の事は、自分で始末するという。

子供でさえ、自分の生命は自分で守らなければならなという、残酷なほど厳しい。

ピダハンの人生は、大変に厳しく危険に満ちているだめ、一度に長い時間を続けて寝ないと言うくらい過酷でした。

ピダハンと呼ばれる人たちは、この現実を自らの強靭な肉体と精神で生き楽しむことをしていたのでした。

これでは、聖書のイエス・キリストの話なんて、お粗末で笑い話しかならないし、信じている自分は、彼らからしてみれば劣等な生き物にしか見えない。


京都から東京へあてもなく来た女性が言ったこと。

『過ぎた事はどうでもいい事、明日の事は知らない事で、
一度に一日ずつ生きて行けばいい。』



確かに、生きていくことは一日一日の積み重ねに過ぎない。
ただそれだけのこと。

《この現実を生きれることが、俗に言う天国だと言う事》
このことを、忘れたいた。

一度に一日ずつ生き楽しむことを教えてくれた人は、京都から来た女性だった。

Arunosky_2
Aruno

2018年8月 5日 (日)

爽やかで自由な未来を、笑顔が素敵なシンガーソングライター木村結香さん「キラキラ」

新しい未来を感じさせる、「キラキラ」が素敵でした。

今年の夏は、たいへん暑い日が続いていますが、
そんな中の7月15日に千葉県千葉市美浜区のショッピングモール、
ミハマニューポートリゾートで無料ライブがありました。

 

この日は、爽やかな風が吹いてくれて、過ごしやすい日でした。
ステージでは、シンガーソングライターの木村結香(きむらゆか)さんが歌っていました。

 

今年の5月連休に作った歌だそうですが、何かを感じさせるものがあるのです。
いつもの日常で、忘れかけていたものでしょうか!。

 

ちかごろ、「未来(みらい)」と言う言葉を多くの人が、口にしなくなったような気がします。
毎日をいつもの通りのままでも、日常生活は営んでいけるからでしょうね。

 

でも、それは違った。
身近(みじか)にある世界は未来は、もっと広くて自由で楽しいのです。

 

木村結香さんが創り出した詩(うた)は、
この日のように、爽(さわ)やかにどこまでも広がる自由な未来を、
感じさせてくれました。

 

この詩(うた)の世界は、
木村結香さんが言う「アオノセカイ」でしょうか。

 

笑顔が素敵な、シンガーソングライター木村結香さんの「キラキラ」でした。

 

 

201807151340

 

2018年3月24日 (土)

シンガーソングライター木村結香の魂の一曲は、冷静の中に情熱があふれでていた。

第7回福魂祭でギター弾き語った木村結香は、音楽の力を見せてくれた。

今年、2018年3月11日に福島県郡山市で行われた福魂祭(ふっこんさい)へ、
木村結香(きむらゆか)さんは初めての出演でした。

出演が公表されたのは、2月26日でしたが、それ以前より福魂祭の目的にあう歌を選曲していたようです。

また、一番大切な福魂祭で歌うことの意味を、感じとってくれていました。

木村結香さんは、シンガーソングライターとして今までない素晴らしい歌を、
披露(ひろう)してくれました。

スポットライトの中、『シンガーソングライター木村結香のギター弾き語り』は、
冷静(れいせい)の中に情熱(じょうねつ)があふれでていた。

ここにいた、人たち子どもたちに、感動とともに勇気をもたらしたと思います。

シンガーソングライター木村結香の魂(たましい)の一曲は、
冷静の中に情熱があふれでていた。

 木村結香 / 「欲しがりな私の手」

Kimuyuka_2
木村結香 Official Web サイト

福魂祭とは、2011年3月11日に東日本大震災が発生しましたが、原発事故の影響で
復興が遅れている福島の人々や、特に辛い思いをしてきた子どもたちに、
誇りと勇気を持ってもらうこと。
同時に、このことを全国に発信することで、福島を復興・再生することでした。
第7回福魂祭、主催:福魂祭実行委員会。ビックパレットふくしま

2018年1月 3日 (水)

初詣のおみくじは、最高の贈り物。

新年早々のおみくじは、『末吉』で戒めの言葉に感動した。

初詣のため、新しいシャツと新しいジーンズを着用して古いお寺へ行きました。
昇殿しようかと思っていましたので、心身を綺麗にして行ったつもりです。

先ずは、手清水を行いまして、本堂の前で賽銭を上げて祈願しました。
それから、おみくじを引きました。

おみくじは、長い竹が入っている筒を振って出てきた竹の番号のおみくじをもらいます。
おみくじは、『末吉』でした。

おみくじの中身には、小さな字でたくさんの事が書いてありました。
その多くは、普通にみて期待するような内容でなく、『戒め』的な感じの文です。

Img_20180103_141120_2
弘法寺、市川市

普通に期待するような事は、何一つかいてない。
このままだと、良くないとかが書いてありました。
私にとっては、たいへんに厳しい内容で、この身にしみて痛い。

すべてを読んだ。
新年早々、心が折れてしまった。

一つ一つの文の終わりには、『~をすること』と書いてありました。
その『~をすること』とは、日常生活する上で、ごく普通なこと。
言葉では、簡単ですが忘れがちなことだったのです。

我を押し通そうとすれば、角がたって傷付く人もいるかもしれないし、
喰いすぎれば、腹も壊すし、夢みても努力なくして落ち込むなんて、救えないとか。
そうか、それらの戒めを守って生活すれば、上手く行くってことか。


新年早々のおみくじは、私にとっては最高の幸運な贈り物。
今年の願いは、叶いそうだ。
願いが叶ったら、凄いことになる気がする。

Img_20180103_150517


*ちなみに、中年のご婦人は『小吉』らしく「もう一回、引きたい」って言っていました。
 それくらい、人を喜ばすことが無いおみくじでした。
 流石に、鎌倉時代から続く由緒正しいお寺だ。

*なお、ここは若い人のデートコースにもなっています。
 若いカップルへ渡されたおみくじの筒は、自分のとは色が違っていましたから、
 若いカップル向けのおみくじの内容は、一般の人が違う気がします。

Arunosky

初詣のおみくじは、最高の贈り物かもしれない。



2017年5月 4日 (木)

『時間を止めてしまいたい』と感じた、岩国と錦帯橋界隈の旅。

『時間を止めてしまいたい』と思わせる価値が、城下町岩国にあった。

出張先の仕事が午前中で終えたので、錦帯橋(きんたいきょう)と言うところへ、
知人の案内で行く。

そこで、私が気に入ったことは、錦帯橋とその周辺の趣ある町並みと、
そこで時を過ごしたほんの短い時間ですが、
『時間と止めてしまいたい』と思わせるほどに価値があったことです。

  時(とき)が止まったのです。

ここは遠い古(いにしえ)の民話が伝わる城下町岩国錦川周辺です。
ちょうどこの日、4月29日はイベントがあり、和装の着物姿の女性も多くおりました。
それは、絵にしたい風景でした。

Img_20170429_162041

錦帯橋の橋の上から、視線を水面(みなも)へ移しました。
「川底の石が、はっきり見える。」

川の水が透明なので、川に浮かぶ船が空中い浮かんで見えます。
水が透明すぎると深さが、分からない。
自分が休みの時によく行く、東京湾へ注ぐ川とはぜんぜん違うわ。

吉香公園(きっこうこうえん)から錦帯橋を渡り終えると、そこは城下町です。
細い路地に、昔からの家屋(かおく)が連なっています。
私の故郷の古い家屋とは、少し違っているように感じました。

どこが、違うかと聞かれても、すぐには答えられない。
それは、しばらく故郷へ帰っていないからでしょうね。
ちなみに、私の故郷は福島県の真ん中です。

A_01_iwakunijokamati_06_011_2
上記の画像は、山口県Photo素材集より

城下町の路地を歩く。

古くから営んでいる酒造所だろうか、その店に入りました。
日本酒と漬物がありました。

「どうぞ、つまんでみてください」と店の女性に言われたので、少々頂きました。
私には、本当のところ漬物とはこんなものなんだ、としか分からなかったのです。

和紙に包まれている商品を手にとってみました。
お酒で漬けているとのことでしたので、それを買いました。

Img_20170503_184515

 家に帰りまして、食べました。
 ご飯にあって、ご飯が美味しかった。
 岩国の城下町で買ってきた、お酒で漬けた漬物のせいですね!
 * 商品登録;【うまもん】の純正本造り、奈良漬

古い家屋がありまして、家の中を見ることができます。
中には、岩国とその周辺の観光案内のパンフレットや、
絵などが飾ってありましたが、家の中庭などから昔の人の生活を、
思い偲ぶことができました。

中庭は、小さな日本の庭園です。
松があって、池があって、季節の花々がありましたので、
昔の人は、現代の人よりも人としての感性が、
優れていたように思われました。
flair


来た時と同じように、錦帯橋の橋を渡り吉香公園に戻りました。

白壁がある通りを歩きました。昔のお屋敷のあとですね。

公園の中の神社へお参りです。
鳥居の前では、まずは礼をします。それから身を清めます。

私は、神社仏閣へのお参りでは、私自身が様(さま)にならない気がしています。
日常が、あまりにも忙しく荒ただしいので、それが身に現れているのでしょうね。

でも、今日この時はいつもと少し違って、様になりました。
これだけでも、ここへ岩国に来た価値がありました。
ここの風情が、私を穏やかにしてくれたせいでしょうか。!


木造の古い校舎がありましたが、だいぶ前に廃校になった高校だそうです。
それは、少し年代をさかのぼった映画に出てきそうな雰囲気です。


cafecafecafe
歩き通したので『いろやギャラリー』と言うお店でひと休み。
ここは、絵画やアクセサリーなどを展示及び販売している店です。

Img_20170504_003902_2
【いろや】色で変える!キラめく毎日のススメ
まいぷれ岩国;Ant gallery & Shop いろやギャラリー

椅子を勧められましたので、座りました。
三人くらいの和装の女性と男性がいまして、まずは自己紹介です。

ここに、書道家で毛筆を用いて、文字を書いている女性がいましたが、
お酒に貼ってある、ラベルの漢字を書いていると言いました。

達筆で、印象に残る文字です。
いつか、なにかの折に書いてもらおうか。

自分のことを、もっと話そうかと思いましたが、初対面だし、
話題が自分には、知らないことが多かったので、あまりお話でしませんでした。

でも、その場にいるだけで心地よかったのです。
今日歩いた疲れと、昨日までの疲れがちょうどよかったのでしょうか、
とても居心地がよかった。



 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02

「時間が止まっている」
「やばい! 帰れなくなってしまう」

新幹線の時間のこと、ではないのです。
私の気持ちと身体が、ここに落ち着いてしまったのです。

『時間を止めてしまいたい』
この一時(いっとき)を止めてしまった、自分がいた。



Img_1654_2
都会での生活は、毎日が忙しく通勤はいつも満員電車です。
そこでの生活は、充実しているようで、充実していないことに、
気づいてしまったのです。

それは、ここ岩国と錦帯橋界隈で普段の日常生活では、
感じることができない風情(ふぜい)を、感じてしまったせいでしょうか!

古(いにしえ)と新鮮な風情を感じて、

『時間を止めてしまいたい』
と、痛切に感じてしまった、岩国と錦帯橋界隈の小さな旅でした。

錦の宴;岩国ビエンナーレ2017、酒とアートの芸術祭

shine短い時間でしたが、お世話して頂いた方々へお礼として記す。
  平成27年5月3日

2016年8月 7日 (日)

美しい夏の夜のひととき、花火

派手さがない花火大会、このひとときが美しい

今年もいつものように、花火大会がありました。
これは、日本の夏の風物詩です。

夕暮れ時から、たくさんの人々が川べりの見晴らしの良い場所を求めて、
集まってきました。老若男女とわずたくさんの人人です。

Ichikahanabi3

女性は、着物の浴衣姿が多かった。

たくさんの人でしたので、近くまで行けず遠くから花火を見ていました。
それでも、十分に楽しめたのです。
花火をみて楽しめたと言うよりも、この夏の夜のひとときを楽しめたのだと思います。

帰り道は、たくさんの人で混雑するから、『早めに帰ろう』。

Ichikahanabi2
帰り道の花火、浴衣姿が綺麗。

人々が思い思いに楽しんだのは、夏の夜のひとときの出来事です。

いか焼き、ともろこし、アイスクリーム、生ビール、唐揚げ、焼き鳥、焼きそば、
そして、夜空を飾る花火、子どものはしゃぐ声、人人の声や下駄の騒音と活気、
汗、今日はぐっすり寝れそうな疲れ。

これらすべてが夏の夜の景色として、例年の如(ごと)く今年も花火といっしょに来たのです。


派手さがない花火大会でしたが、このひとときが美しい。
いつまでも、この美しい夏の夜のひとときを感じていたい。

Ichikhanabi1

日本の夏風物詩、花火。

2016年7月20日 (水)

もう少しで、辿(たど)り着ける。

4年前だろうか、燕山から北アルプス表銀座と呼べれる頂をとおって槍ヶ岳への登山をしました。

燕山(つばくろやま)の山小屋へ辿りつくまでは、冷たい雨でした。
山小屋についた時です。山小屋で隣になった人やストーブを囲んで話していた人達とお話をしました。

「明日も雨らしいけど、みなさんどうしますか。」
ここで、多くの人が下山すると言いました。

そして、朝。

この日は、予想通りの雨でしたが槍ヶ岳まで行くことになったのは、山小屋に宿泊人たちの二割か一割くらいでした。
そこには、単独の山ガールと呼ばれる人もいました。

Img_5975_2


次の山小屋に着きました。確か大天井ヶ岳(おおてんじょうがだけ)の山小屋だと思います。
そこには、前の山小屋で一緒だった人たちもいましたので、話が弾んで楽しかったのです。


そこには、その人がいたのです。身体の脊髄に金具を入れていたのです。
その人が言うには、最初は歩くことがら始めたそうです。その人の話には、力が入っていました。
私はその人は信念の人だと思いました。地方から出てきて小さな会社を経営しているそうです。

私は、その人の生き方に憧れと共感を抱きました。そして、その人を題材してブログを書きたくなりました。

脊髄障害と戦うその人は、2年間カレンダーをめくっていない!その理由は、夢と現実の戦いだった。

Pixta_15381939_s

この時の、登山はきつかった。しかし、それよりも楽しかった。それよりも大変に有意義だったのです。 なんせ、雨がふったり止んだり、お日様が出たり、風がでて寒かったりで体力の消耗が大きかったせいもありますね。

*なお、私はまたは、この時いっしょに表銀座を縦走した人たちは、体力がある人達で経験があるひとで、装備はしっかりしていましたね。

目的の槍ヶ岳を克服して上高地への帰りで、途中一緒だった山ガールの人にまたまたすれ違いました。

そこで、大きなザックを背負った山ガールの小柄な女の子が言いました。あの、縦走した頂(いただき)を仰ぎみて、こう言ったのです。

『あそこを一歩一歩と歩いたんだね。こんなきつい思いをしたんだから何だってできるわ。なんでも、一歩づつ歩むしかないんだね。』
『何だって出来るよ。』と誇らしげに話していました。

Img_6026

確かに、きつかったね。一歩一歩と歩くしかないのです。


あなたも私も、歩みを止めなければ何だって出来るのです。

「もう少しで、辿り着ける。」
今日は、こんな事を思い出した。


2014年9月 9日 (火)

脳は、神秘だ


人間には左脳と右脳があるが、ほとんどの人は右脳を使って仕事しているように思える。
左脳を使ったとしても、右脳が感じて左脳に問いかけて又は、以前の経験から左脳の中から答えを導いているとしか思えない。左脳は学生時代で止まってしまっているのではないか?

回りを見渡してみよう。
いったい、どれだけの人が左脳を働かしているか。
この素晴らしい左脳を使わなくてはいけない。
今、左脳を使うにはとてもエネルギーを使うだろう。

私は、左脳を使う事、左脳を働かせる事にした。
私の目的を叶えるためには左脳を働かせる必要がある。

私の脳は、とてつもない事を成し遂げる気がする。
左脳だけでは自分が何処かへ行ってしまい、不安になる。
そこで、右脳の感情で左脳を制御し、目的の計画を構築し実行するだろう。
私は、この自分の左脳の偉大さにこころを震わしている。
そして、右脳の行動力と強さに感謝している。

上手く行きそうだ。
あゝ、神様が授けてくれた左脳と右脳を限りなく働かせて生きなければ。
この私の脳は、子供のように疲れをしらない。
また、私の脳は、子供のように想像力がたくましく限りない力を持っている。

この私のしらない私の脳を働かせるぞ。
私の脳は、神秘だ。神様だ。
この私の脳の神様にすてべの望みを託してみよう。
上手く行きそうだ。
Swst0039_sky_009


2014年7月18日 (金)

靖国神社の、みまた祭りに行ったけど凄い人でした。

先週の7月13日は、靖国神社のみまた祭りへ行きました。
もの凄い人だった。入口のところでほとんどの人がびっくりしたと思うくらいの人だかりでした。

どちらかと言うと若い人たちが多い。とくに若い10代前後の女性が多く感じられました。

Img_0889mimata


若い女性が多かった理由の一つには、お祭りで浴衣の着物が着れる楽しさと夏の風物詩で例えば金魚すくいなどが楽しめる事だと思いました。
また、出店もたくさん出ており見ているだけでも楽しいですが、やはり食べてく食べたくなりますね!
私は、生ビールと唐揚げを食べました。後は、少し奥の方にお化け屋敷があったのには驚きました。
しかし、それにしては凄い人でした。

Img_0889mimata1

大通りの両脇にには提灯が掲げられており日が沈むと綺麗が浮かび上げって綺麗でした。

Img_0889mimata2

遊就館へ入ってみました。1階のところは無料でした。1階のは戦闘機の零戦と大砲などが展示されていました。今から70年前の戦争で使われていたものでした。大砲は沖縄戦使われて銃弾の傷が残っていました。
そして、展示物の前には説明文が書いてありましたが、その説文をよく読んで知る人は、どちらかと言うと
中年のおっさん的な人と若い女性でも知的な人が多かったように感じました。
今まで知らなかった事を知りたい!。好奇心の強い人は特にそうだと思いました。

Img_0889mimata3

通りすがりに「烏丸せつこって達筆やな~、」の声がしたのでこれを写真に納めました。
若い人は知らないかもしれませんが、元クライオンガールでグラビア女優の烏丸せつこです。

Img_0889mimata5
『英霊の永訣の朝を想う』 烏丸せつこ

2014年7月 8日 (火)

いっときでもと、~~いいと思っている

先日、ある女性に私が作ったHPの「母の日」を見せた。
その方は雑誌の記事や広告チラシ等の編集をしたこともある人でした。
どちらかというと丁寧に読んでくれている感じでした。
そして、その人に感想をもとめた。

「どうですか?」とたずねたが返答がない。
少ししてからその女性はフェスタオルで被っていた顔をあげた。
そして、『私をみて分からないの』とだけ言った。
その女性の瞳は濡れていたのです。

私は、このページを書いて良かったかどうか分からない。

しかし、この女性が、感動して今までの心のわだかまりや鬱積したことなどが

一時(いっとき)でも消し去ってくればそれでいいと思っている。
99250050


ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想