恋愛

2017年1月30日 (月)

ステキな恋の忘れ方

久しぶりに良い歌を聴いた気がした。

女優であり歌手の薬師丸ひろこさんです。

若いころよりも今の方がずーと良く感じるのです。
感情が歌にこもっている。

これは、この人がさまざまの経験を得て、生きてきた証(あかし)なのでしょうか!。
それとも、自分が感じやすくなっているからなのでしょうか。

Ichikawa_2

憂(うれ)いある君の瞳が乾くまえに、君に告げたい。
純粋に人生を、生きる君は美しい。

2016年12月30日 (金)

君は、新年を向かえたくない。#あたりまえブログ

君は新年を向かえたくない、煩悩(ぼんのう)がある。

今年のままでいたいと言う。

君の美貌は、今日しか持たないからだ。

午前零時、除夜の鐘が聞こえる。

僕が、最初に言った言葉は、
『新年、明けましておめでとう』と約束の
『君は美しい』だった。

君の煩悩は、除夜の鐘が葺きはらったと思うけど、

『今年こそは』と言う!

Kotosikosowa_2

今年の君は、美しい。



2016年12月26日 (月)

あなたの為に、英雄(えいゆう)を証明してみせる。

このブログの秘密、
それはブログの主題『英雄(えいゆう)として死にたい』のそのことである。

何の為に、誰の為に、そんなことをするのか。
なぜ、危険を冒(おか)す必要があるのか。

それは、
あなたが、生み育てた子はこんな者であったと、世間に誇らしげに語らせたい。
ただ、それだけの為にである。

私には、それ以外にいったい何があるの言うのだ。
そのために全力でこの事を成し遂げたい。

Img_0422

もしかしたら、この道の途中で挫折するかも知れない。
しかし、これしか無いとしたら行くしかない。
たとえ、それがどんなに険しいとしても。

そして、このことを君に知らせたい。

~どうせ死ぬなら『英雄として死にたい』~
それは、私を生んだあなたの為、そして私を愛した君の為だ!

「道」
201211181554

水は低きへと流るるが、

人は易(やす)きと流るるが、

君は険(けわ)しきを行くだろう。

低きへと易きへと行けぬだろう。

花咲かす地を知り 根付く地を選ぶだろう。

君は美しきを行くだろう。
君は貴きを生くだろう。

出展;http://ameblo.jp/shelley-k/entry-10986655957.html

2016年12月11日 (日)

君よ、ミューズとなり僕の為に現れよ!

公園に行った。

もう、薔薇は咲いてないと思ったけど、咲いていた。
そこには、どうしても気になるものがあるのです。

乙女の裸像(らぞう)です。
夕日をおびて奇跡に輝く瞬間があると言う。

そして、乙女の裸像はミューズ(女神)となり、それを見た君の前に現れるのです。
その時、ミューズは君を新しい世界へ連れてってしまいます。


Img_04241_2

でも、私は見たい。
私を、この世界から連れ去って欲しい。

Img_20161210_160135_2

君よ、ミューズとなり僕の為に現れよ!


2016年7月10日 (日)

香り

素敵な香りがした。

ほんの、ほんのわずかな香りでしたが、自分の昔を思い出してしまう香りでした。
あまりのも、わずかの香りでしたので、その香りを追いかけてしまいました。

隣にいた紺色のドレスを着た女性からの香りでした。
普段、なんとも思わないのだが、この時だけは違っていた。

その香りに気づいた瞬間、脳裏には私の故郷の情景が浮かんできたのです。
低い灰色の空に汗を拭き去る風が吹いている。それは若い時の頃の情景。

その香りは、自然の香りではなく人工的に造られた香りで少しの緊張感がある。
自分にとっては、気品気高さを感じさせる香りだと感じている。

その頃、部屋にあったヘアークリーム等の化粧水の香りに似ているが、確かに違う。

しかし、なぜだ。

こんな香りで、昔の自分を思い出してしまうなんて、

Toreinkokyou

香水は、使うほどにその人に馴染んで、その人にしかない個性を引き出すと言われているが、
そんなことはどうでもよい。とにかく、その香りが気になってしまった。

もしかしたら、その香りに気づいたのは私だけではないだろうか。
そもそも、思いを巡らすことなど、私の他に誰もいないだろう。

なぜ、私は故郷をそれも十代の頃を思い出したのだろうか。
わからない。

しかし、これだけは言える。

その香りは、私をその瞬間だけでも故郷へ引き戻してしまった。
私の中にあった遠い記憶の扉をひらいた。

2014年10月12日 (日)

私の信念『人は誰でも英雄として生き死ねる』は、こうして出来た。

私は、こう思っている。
人は、誰でも英雄として生き死ねる。

世間では一般に、こう言われている。
30歳過ぎたらこうだ。40歳すぎたらこうだ。50歳すぎたら自分の顔に責任もて!

一番いやな考えは若い時にどんな事をしたかで、その後の人生が決まうこと、。
つまり、今までの過程により人生が予測されることである。

確かにその通りかも知れない。そして、ある程度の年齢になったらそれなりの人になる。
その後の人生は、もう決まってしまう事を、言うことである。

私は、この考えには好きにはなれない。
なぜなら、ある程度の年齢になったら、
それなりの人で止まってしまうからである。


私は、いつでもアクテイブに行動する人が好きだ。
なぜなら、現在のこの瞬間が大切であり、それなりの人になっても
何も行動しないなら、退屈なだけである。

私は、人はいつでも『英雄』のように生きる事ができる、と信じている。

私の信念は、こうである。

『人は、誰でも英雄として生き死ねる』

Arunosky

もし、
あなたが、49歳と364日までは落ちこぼれの人生だとしても、
49歳と365日に達した時に、愛する人を救わなければならないとし、
自分の人生の全てを賭けて行動したら、
あなたは、『英雄として生きた』ことになる。

私がこの信念に到たったのは、ある映画によるものである。
その映画は、

『ジャック・サマースビー』


この映画は、はっきり言って秀作でもなく一般的に感動的でもなく、
そして、ジャンルまたは思想は何かと問われたら、すぐには答えがだせない。
午後のメロドラマみたいな映画です。

感動的な恋愛ものでものなく、家族愛でもなく、、冒険でもなく、
はたしてなんだろう。
とにかく、退屈な感じの映画かもしれない。

この映画の主役は、男か女なのかも意見が分かれる作品であるが、
最後のクライマックスまでは、男が主役であるがその主役の妻役は、
赤の他人で恋愛感情なんて何もない。

つまり、あるを事を理解または、感じる事ができなかったら、
とても、退屈な映画です。

では、この映画は何を言いたいのか、
最後の方になって、何となくわかった。

この映画のクライマックスは、
最後の5分くらいの場面で、妻役の女が叫んだ時に、
この映画は、
何を言いたかったが分かった。

最後の場面は、絞首刑の死刑の場面である。
死刑台の上で、
男は、不安と孤独と死への恐怖で落ち着きがない。
そして、必死に妻を探している。

そして、妻役のジュデイ・フォスターが
「ジャック、私はここよ」「Jack.I'm here me」と叫んだ。
その瞬間、死刑になる男が妻を見つける。

この時、
男の表情は、何かをやり遂げた自信に満ちた表情になる。
偽物の妻に、人生を救われたのです。

Img_0554

この時の男の表情に、この映画の全てがあると私は思っています。
この男は、自分の結末の死において、
自分の図りしれない偉業に、至上の感激を感じたと思います。

もしかしたら、
多くの人には、この男の『英雄として生き、死ね』ことに、
至上の感激を感じることには、理解できないかもしれないと思っている。

なぜなら、
勝手に無実の罪を背負って、死刑と引き換えに自分が英雄にでもなった気分の、
自己満足なのだから。

しかし、
人が自らの人生のすべてを賭けて、行動することは、
その人の人生は、このうえない素晴らしいものだと思う。



今までの人生が怠惰であり落ちこぼれな人生だとしても、
『人は、誰でも英雄として生き死ねる』と言うことが、
私の、信念になる。

 英雄として死にたい

Img_20171007_173535

英雄として死にたい!

 

2014年9月10日 (水)

泣いてもいいんだよ / こんないい歌だとは知らなかった。

いま、こんな歌が流行ってるけど、こんなにもいい歌とは知らなかった。
私のブログにあっている。

泣きたくても泣けない時が、
苦しいのは誰ですか。

「強くなれ 泣かないで」「強くなれ 負けないで」
「大人になれ 泣かないで」「大人になれ 負けないで」

でも、もう泣いてもいいんだよね。

* 素晴らしい動画と歌で感動を、そして心と身体に休息を

2014年8月26日 (火)

こころ気高い、あの人への贈り物

私は、こころ気高いあの人へ自分の心の内を証したい。
こころ気高いあの人への贈り物は、これしかない。 匠の技が染み込んだ物。 自然の恵みを育んだ物。 古き良き伝統を受け継いだ物。 そして、にもにも負けず、四季折々を楽しめる物。これしかない。


柿渋染め京都帆布バッグ(鞄)「横型ボックス型手提げ」- 帆布生地 KS-171T

そして、私は思っている。この贈り物は、こころ気高いあの人の生活の一つになっている事を!

2014年3月27日 (木)

生き抜く心

どんな状況でも生き抜く心とは、

人間は一人では生きて生けない!

どんなに強い人間でも


私は、どんな状況でも生き抜くぞ

2014年3月25日 (火)

一生の間に一人の~

『一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば自分の幸福なのだ』 

川端 康成

20140323095357

私は、はたして一人でも幸福にしただろうか!
そのために、生きているはずなのに。
もし、一人でも幸福に出来なかったら、私の人生は無意味だろう。

より以前の記事一覧

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想