ファッション・アクセサリ

2015年11月25日 (水)

私は久しぶりに笑顔になった、それは神様みたいな人『軍地紗弓』さんとお話したからだ。

11月23日 六本木ヒルズ交流パーティでこの方、日本のファション業界のトップランナー軍地紗弓さんに会って、少しお話することができた。
交流パーティでは、多くの方が軍地さんと名刺交換されていて行列ができていました。
でも私は名刺交換はしない。そして、遠くから眺めていただけでした。
それは、私からみたら軍地紗弓さんは、神様みたいな人だからです。
僕にとっては、近づくことさえも許されないような人なのだ。

でも、違った。
パーティの終わり頃に、軍地さんの周りに人が少なくなった時、この神様みたいな人と少しでもお話がしたくなりました。
それは、確認したいことがあったからです。そのことは、軍地さんの講演のお話をノートにメモとイラストで書いていたことでした。
Wp1_w_3

そして、軍地さんにみていただいたのです。
軍地さん「イラストに書いてくれたの、うれしいわ。この映画のシーンなんです。......ありがとうございます」とおっしゃて下さいました。それから、そのことついて講演で話さなかったことを話してくれました。

私は、すごくうれしかった。この交流パーティでは5人くらいの人と会話しました。
この日、もっともお話がしやすかった人、そして私を笑顔にした人は、自分にとって神様みたいな人、軍地紗弓さんでした。

そして、分かった。

この方が、どうして業界のトップランナーなのかを、
それは、この人なら自分のことを理解してくれると思えてしまうからでした。
そして、もっと話がしていたい欲求に駆られたのです。
この日、私を久しぶりに笑顔にした人は、いつまでも話をしていたい人、『軍地紗弓さん』でした。
神様みたいな人が講演でおしゃっていたこと、「真横にすわって人の心の声を聞くこと、人が幸せになる方法を選択すること」。

ファーストクラス立役者 ファッション監修 軍地紗弓さん



2014年8月26日 (火)

こころ気高い、あの人への贈り物

私は、こころ気高いあの人へ自分の心の内を証したい。
こころ気高いあの人への贈り物は、これしかない。 匠の技が染み込んだ物。 自然の恵みを育んだ物。 古き良き伝統を受け継いだ物。 そして、にもにも負けず、四季折々を楽しめる物。これしかない。


柿渋染め京都帆布バッグ(鞄)「横型ボックス型手提げ」- 帆布生地 KS-171T

そして、私は思っている。この贈り物は、こころ気高いあの人の生活の一つになっている事を!

2013年8月24日 (土)

久しぶり、ブログを書けるようになりました。

久しぶりにブログを書いた。落ち込んでいたので書くための『脳』が働かなかったからだ。
でも、これを見たら書けるようになりました。

[美人すぎるブロガー]の夢を実現する方法
 面倒なこと、『乗りこえる方法を考えればいいよ!自分の決めた道を進めばいいんだって!

見かけによらず努力家です。

 お店の変な成功本は、なんか重くってしょうがないけど
 自分にも出来そうな気がしてきたぞ、こんなに簡単なことだったとは!

2013年3月 2日 (土)

この私の感性には自信がある

以前、勤めていた工作機械メーカーで、最も売れた機械を開発設計した人は、

  どんな人か!

その人は、クラシックのショパンやベートーヴェンの曲をピアノを弾く人でした。

 お客さんのニーズを取り入れて作りだしたのだ。

 そこには、誰にもマネ出来無い・感じ得ない《感性》があったのだ。 ちなみに私も技術者である。


201302013_3


201301271338_3


ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想