« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年1月の記事

2018年1月31日 (水)

笑顔が素敵なシンガーソングライターは、わたしの表情を豊かにしてくれた。

今年、三回目の新年会は都内の
 アートギャラリー【Ego - Art & Entertainment Gallery】を借り、
シンガーソングライター木村結香さんが、惜しみなく歌を弾き語ってくれました。

作詞、作曲のオリジナル曲で17曲だったろうか。


歌う曲のすべてに、作ったときの背景や思いを話してくれましたね!

この背景や思いを同じように抱き
表現できず鬱積(うっせき)したままの人にとっては、
心線が振れてしまい、感無量だったでしょうか。


『シンガーソングライター木村結香』さんがしたことは、
あなたが表現できずにある感情を、豊かに表現できるようにしたことでした。

《楽しいことも、うれしいことも、悲しいことも、切ないて泣きたい時も。》


出展:アートギャラリー Ego - Art & Entertainment Gallery様より

*ラジオでお笑い芸人か、落語家が言っていた。
 「最近、思いっきり泣いている人も、笑っている人も見かけない」。
 「オレの仕事は、そんな人たちを心底笑わせたり、泣かすことだ」って。


『シンガーソングライター木村結香』


シンガーソングライター
『シンガーソングライター木村結香』



 

2018年1月20日 (土)

笑顔が素敵なシンガーソングライター木村結香さんの新年会と、『1000人のファン』

素敵な笑顔のシンガーソングライター木村結香さんの新年会は、
1月18日、新宿Bar aLive星座館ビル11F で開かれました。

はじめて笑顔が素敵な結香さんとお話できて、楽しい幸せなひとときでした。
新年会に付き物とは、今年の抱負ですね。

シンガーソングライター木村結香さんの、今年の抱負は、
1000人のファンへ、スタンプカードを渡す」ことです。

私から、木村結香さんへ送ったメッセージは、「勇気」にしました。
(少々最近のトレンドで言ってしまったけど、これです。)

木村結香さん、『どうすれば、1000人のファンを集めることが出来るだろうか!』
私の返事は、「とにかく、できます」。

僕の心に、『世界はロマンに満ちている』ことを知らせた、
シンガーソングライターだからできる思う。


もしかしたら、この1,000人は私自身の課題かも知れない。

『笑顔が素敵なシンガーソングライター木村結香さんへ、
千人のファンを集めることができたら、
私には、今までにない大きな世界が開かれる』



シンガーソングライター木村結香オフィスページ

Img_0937





sun cloud rain snow thunder typhoon
好きな言葉;
やせ蛙(がえる)、負けるな一茶、これにあり!

江戸時代の俳人、小林一茶。

一茶は、見てしまった。
そこには、努力奮闘する痩せた蛙がいた。
彼の手は強く強く握られて、手のひらは爪の跡が食い込んでいる。

何事かに挑戦する自分を、奮い立とうとしている場面の小林一茶でした。

人を応援すること、それは自分自身を鼓舞すること。
 

2018年1月 7日 (日)

けやき坂46の人気の秘密は、詩に哲学がある。

嫌われる勇気』の本を読んだら、『不協和音』の言葉を思い出した。

嫌われる勇気と言う本は、心理学者のフロイトやユングと同じ頃に存在した、
アルフレッド・アドラー(1870~1937)の心理学を、分かりやすく表現した本である。


この本は、劇的であり心理学を超えた哲学書でもある。
哲学には、明確な答えが無いと言われています。

けやき坂46の詩とダンスの表現は、
アドラーの哲学を具現化しているとしか思えないのです。

アドラーは、フロイト的なトラウマを否定し、
過去に囚われない生き方を示している。

自らが正義だと思うなら、正義を貫かなかったら「嘘」をついた事になると言う。

『語るなら未来を・・・』

本の中に、
若者は、大人より進んでいる』と書いてあるが、その通りだ。

詩の中から、大切なものを感じとっている筈だ。
この感性と感じた事を、いつまでも忘れないで欲しいと思う。

生きてい行く生命力には、年齢は関係ないと私は思っている。
なぜなら、
若い君たちには、私の感性では勝てないものがあるからだ。

『不協和音』

Arunosky
aruno


2018年1月 3日 (水)

初詣のおみくじは、最高の贈り物。

新年早々のおみくじは、『末吉』で戒めの言葉に感動した。

初詣のため、新しいシャツと新しいジーンズを着用して古いお寺へ行きました。
昇殿しようかと思っていましたので、心身を綺麗にして行ったつもりです。

先ずは、手清水を行いまして、本堂の前で賽銭を上げて祈願しました。
それから、おみくじを引きました。

おみくじは、長い竹が入っている筒を振って出てきた竹の番号のおみくじをもらいます。
おみくじは、『末吉』でした。

おみくじの中身には、小さな字でたくさんの事が書いてありました。
その多くは、普通にみて期待するような内容でなく、『戒め』的な感じの文です。

Img_20180103_141120_2
弘法寺、市川市

普通に期待するような事は、何一つかいてない。
このままだと、良くないとかが書いてありました。
私にとっては、たいへんに厳しい内容で、この身にしみて痛い。

すべてを読んだ。
新年早々、心が折れてしまった。

一つ一つの文の終わりには、『~をすること』と書いてありました。
その『~をすること』とは、日常生活する上で、ごく普通なこと。
言葉では、簡単ですが忘れがちなことだったのです。

我を押し通そうとすれば、角がたって傷付く人もいるかもしれないし、
喰いすぎれば、腹も壊すし、夢みても努力なくして落ち込むなんて、救えないとか。
そうか、それらの戒めを守って生活すれば、上手く行くってことか。


新年早々のおみくじは、私にとっては最高の幸運な贈り物。
今年の願いは、叶いそうだ。
願いが叶ったら、凄いことになる気がする。

Img_20180103_150517


*ちなみに、中年のご婦人は『小吉』らしく「もう一回、引きたい」って言っていました。
 それくらい、人を喜ばすことが無いおみくじでした。
 流石に、鎌倉時代から続く由緒正しいお寺だ。

*なお、ここは若い人のデートコースにもなっています。
 若いカップルへ渡されたおみくじの筒は、自分のとは色が違っていましたから、
 若いカップル向けのおみくじの内容は、一般の人が違う気がします。

Arunosky

初詣のおみくじは、最高の贈り物かもしれない。



2018年1月 1日 (月)

勇気を振り絞ったら、空がこんなにも綺麗だった。

勇気を振り絞ったら見える世界が変わった。

昨年の最後には、人生最後の勇気だと思う。
普通には、覚悟とか言うらしいけど、私の言葉は『勇気』だ。

約束の時間は、一年とした。
一年後は、どうなるかわからない。

私の人生は、残り一年としたのです。
もしかしたら、一年で使い切ってしまうかもしれない。
それもいいことだろうと思う。

勇気をだしたら、
目の前に見える世界は、輝いていた。
一日の終わりに沈む夕日は、あまりにも綺麗で残酷に感じる。
今日という一日が、もっと欲しい。

Img_0042
夏、川沿いの夕日




勇気をだして進むことは不安なこと、
途中で、人の優しさにふれたら、自分も優しくなってしまいます。
想いを込めた歌が、こんなにも感じてしまうとは。


#シンガーソングライター,#木村結香,


勇気を振り絞った代償は、大きな損失かと思って恐れていたが、
実際は違っていたのです。

人生は、感動に満ちていて豊かなロマンにあふれていたのです。

 勇気を振り絞ったら、空がこんなにも綺麗だった。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想