« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の記事

2017年5月 4日 (木)

『時間を止めてしまいたい』と感じた、岩国と錦帯橋界隈の旅。

『時間を止めてしまいたい』と思わせる価値が、城下町岩国にあった。

出張先の仕事が午前中で終えたので、錦帯橋(きんたいきょう)と言うところへ、
知人の案内で行く。

そこで、私が気に入ったことは、錦帯橋とその周辺の趣ある町並みと、
そこで時を過ごしたほんの短い時間ですが、
『時間と止めてしまいたい』と思わせるほどに価値があったことです。

  時(とき)が止まったのです。

ここは遠い古(いにしえ)の民話が伝わる城下町岩国錦川周辺です。
ちょうどこの日、4月29日はイベントがあり、和装の着物姿の女性も多くおりました。
それは、絵にしたい風景でした。

Img_20170429_162041

錦帯橋の橋の上から、視線を水面(みなも)へ移しました。
「川底の石が、はっきり見える。」

川の水が透明なので、川に浮かぶ船が空中い浮かんで見えます。
水が透明すぎると深さが、分からない。
自分が休みの時によく行く、東京湾へ注ぐ川とはぜんぜん違うわ。

吉香公園(きっこうこうえん)から錦帯橋を渡り終えると、そこは城下町です。
細い路地に、昔からの家屋(かおく)が連なっています。
私の故郷の古い家屋とは、少し違っているように感じました。

どこが、違うかと聞かれても、すぐには答えられない。
それは、しばらく故郷へ帰っていないからでしょうね。
ちなみに、私の故郷は福島県の真ん中です。

A_01_iwakunijokamati_06_011_2
上記の画像は、山口県Photo素材集より

城下町の路地を歩く。

古くから営んでいる酒造所だろうか、その店に入りました。
日本酒と漬物がありました。

「どうぞ、つまんでみてください」と店の女性に言われたので、少々頂きました。
私には、本当のところ漬物とはこんなものなんだ、としか分からなかったのです。

和紙に包まれている商品を手にとってみました。
お酒で漬けているとのことでしたので、それを買いました。

Img_20170503_184515

 家に帰りまして、食べました。
 ご飯にあって、ご飯が美味しかった。
 岩国の城下町で買ってきた、お酒で漬けた漬物のせいですね!
 * 商品登録;【うまもん】の純正本造り、奈良漬

古い家屋がありまして、家の中を見ることができます。
中には、岩国とその周辺の観光案内のパンフレットや、
絵などが飾ってありましたが、家の中庭などから昔の人の生活を、
思い偲ぶことができました。

中庭は、小さな日本の庭園です。
松があって、池があって、季節の花々がありましたので、
昔の人は、現代の人よりも人としての感性が、
優れていたように思われました。
flair


来た時と同じように、錦帯橋の橋を渡り吉香公園に戻りました。

白壁がある通りを歩きました。昔のお屋敷のあとですね。

公園の中の神社へお参りです。
鳥居の前では、まずは礼をします。それから身を清めます。

私は、神社仏閣へのお参りでは、私自身が様(さま)にならない気がしています。
日常が、あまりにも忙しく荒ただしいので、それが身に現れているのでしょうね。

でも、今日この時はいつもと少し違って、様になりました。
これだけでも、ここへ岩国に来た価値がありました。
ここの風情が、私を穏やかにしてくれたせいでしょうか。!


木造の古い校舎がありましたが、だいぶ前に廃校になった高校だそうです。
それは、少し年代をさかのぼった映画に出てきそうな雰囲気です。


cafecafecafe
歩き通したので『いろやギャラリー』と言うお店でひと休み。
ここは、絵画やアクセサリーなどを展示及び販売している店です。

Img_20170504_003902_2
【いろや】色で変える!キラめく毎日のススメ
まいぷれ岩国;Ant gallery & Shop いろやギャラリー

椅子を勧められましたので、座りました。
三人くらいの和装の女性と男性がいまして、まずは自己紹介です。

ここに、書道家で毛筆を用いて、文字を書いている女性がいましたが、
お酒に貼ってある、ラベルの漢字を書いていると言いました。

達筆で、印象に残る文字です。
いつか、なにかの折に書いてもらおうか。

自分のことを、もっと話そうかと思いましたが、初対面だし、
話題が自分には、知らないことが多かったので、あまりお話でしませんでした。

でも、その場にいるだけで心地よかったのです。
今日歩いた疲れと、昨日までの疲れがちょうどよかったのでしょうか、
とても居心地がよかった。



 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02

「時間が止まっている」
「やばい! 帰れなくなってしまう」

新幹線の時間のこと、ではないのです。
私の気持ちと身体が、ここに落ち着いてしまったのです。

『時間を止めてしまいたい』
この一時(いっとき)を止めてしまった、自分がいた。



Img_1654_2
都会での生活は、毎日が忙しく通勤はいつも満員電車です。
そこでの生活は、充実しているようで、充実していないことに、
気づいてしまったのです。

それは、ここ岩国と錦帯橋界隈で普段の日常生活では、
感じることができない風情(ふぜい)を、感じてしまったせいでしょうか!

古(いにしえ)と新鮮な風情を感じて、

『時間を止めてしまいたい』
と、痛切に感じてしまった、岩国と錦帯橋界隈の小さな旅でした。

錦の宴;岩国ビエンナーレ2017、酒とアートの芸術祭

shine短い時間でしたが、お世話して頂いた方々へお礼として記す。
  平成27年5月3日

« 2017年4月 | トップページ

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想