« 綺麗な夕日は残酷すぎる | トップページ | 東京都都知事選、信念の人現れる。桜井誠 »

2016年7月20日 (水)

もう少しで、辿(たど)り着ける。

4年前だろうか、燕山から北アルプス表銀座と呼べれる頂をとおって槍ヶ岳への登山をしました。

燕山(つばくろやま)の山小屋へ辿りつくまでは、冷たい雨でした。
山小屋についた時です。山小屋で隣になった人やストーブを囲んで話していた人達とお話をしました。

「明日も雨らしいけど、みなさんどうしますか。」
ここで、多くの人が下山すると言いました。

そして、朝。

この日は、予想通りの雨でしたが槍ヶ岳まで行くことになったのは、山小屋に宿泊人たちの二割か一割くらいでした。
そこには、単独の山ガールと呼ばれる人もいました。

Img_5975_2


次の山小屋に着きました。確か大天井ヶ岳(おおてんじょうがだけ)の山小屋だと思います。
そこには、前の山小屋で一緒だった人たちもいましたので、話が弾んで楽しかったのです。


そこには、その人がいたのです。身体の脊髄に金具を入れていたのです。
その人が言うには、最初は歩くことがら始めたそうです。その人の話には、力が入っていました。
私はその人は信念の人だと思いました。地方から出てきて小さな会社を経営しているそうです。

私は、その人の生き方に憧れと共感を抱きました。そして、その人を題材してブログを書きたくなりました。

脊髄障害と戦うその人は、2年間カレンダーをめくっていない!その理由は、夢と現実の戦いだった。

Pixta_15381939_s

この時の、登山はきつかった。しかし、それよりも楽しかった。それよりも大変に有意義だったのです。 なんせ、雨がふったり止んだり、お日様が出たり、風がでて寒かったりで体力の消耗が大きかったせいもありますね。

*なお、私はまたは、この時いっしょに表銀座を縦走した人たちは、体力がある人達で経験があるひとで、装備はしっかりしていましたね。

目的の槍ヶ岳を克服して上高地への帰りで、途中一緒だった山ガールの人にまたまたすれ違いました。

そこで、大きなザックを背負った山ガールの小柄な女の子が言いました。あの、縦走した頂(いただき)を仰ぎみて、こう言ったのです。

『あそこを一歩一歩と歩いたんだね。こんなきつい思いをしたんだから何だってできるわ。なんでも、一歩づつ歩むしかないんだね。』
『何だって出来るよ。』と誇らしげに話していました。

Img_6026

確かに、きつかったね。一歩一歩と歩くしかないのです。


あなたも私も、歩みを止めなければ何だって出来るのです。

「もう少しで、辿り着ける。」
今日は、こんな事を思い出した。


« 綺麗な夕日は残酷すぎる | トップページ | 東京都都知事選、信念の人現れる。桜井誠 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583198/63929821

この記事へのトラックバック一覧です: もう少しで、辿(たど)り着ける。:

« 綺麗な夕日は残酷すぎる | トップページ | 東京都都知事選、信念の人現れる。桜井誠 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想