« 日本の宝ものは、優しくて気品がある日常生活を作っていたと思う | トップページ | はじめて借りた本は、今日はどんな一日だったかと思わせる本でした。 »

2016年2月11日 (木)

物を捨てたら、自由がふえた気がする。

ついに、引越しをした。

そのついでに、必要最低限の持ち物にした。

そしたら、身も軽くなったが心も軽くなって、自由が増えた感じがする。
とにかく、たくさん捨てた。


軽トラ一台分くらいは捨てたと思う。
今までで、一番に狭いアパートにした。
おもいっきり、車も売り払ってしまいました。

017d0543533a725f489ae7b56f7faaf6e11

最初は、マンションタイプの部屋にしようかと迷ったが、いろいろと下見したら、
この木造のアパートが気に入ってしまったのです。

普通に考えたら、マンションのほうがいいだろうと思う。
しかし、私は木造のひと部屋のアパートを選んだのです。

これでいいのだ。
すべては、私が目指すものの為にあるのだから。
まわりの環境は、私が目指すものの為にあるのだから、

だから、今と言う日は過程に過ぎないのです。
今日と言う日は、成功された日ではないのです。

そして、わたしには自分の為に生きると言うことは、在り得ないのです。

すべては、私が望んでいた生活。
これを、理解する人はわずかだろうね!

« 日本の宝ものは、優しくて気品がある日常生活を作っていたと思う | トップページ | はじめて借りた本は、今日はどんな一日だったかと思わせる本でした。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583198/63196110

この記事へのトラックバック一覧です: 物を捨てたら、自由がふえた気がする。:

« 日本の宝ものは、優しくて気品がある日常生活を作っていたと思う | トップページ | はじめて借りた本は、今日はどんな一日だったかと思わせる本でした。 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想