« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の記事

2015年9月28日 (月)

見とどけたよ、願いを叶えてあげるね。チベットに自由を

見とどけた。少女の願いを叶えてあげる

1枚の写真をみた。
それは、学校へ通学する女子生徒の写真でした。
Syouzyonomoi                16歳のチベット女子生徒が焼身自殺
この日、夢を見た。
ほとんど寝付けない寝苦しい中での夢。
その夢は、写真でみた少女の夢でした。
このことは、書かないではいられないのです。

それは、見とどけてしまったからです。

夢とは言え、わたしは少女の最後を見とどけたのです。
少女は、叫んでいる「わぁー、わぁー、わぁー」とわめき叫んでいる。かわいい声だ。
しかし、その声は絶望とわかる声なのです。
すでに、少女は半狂乱なのです。

そして、「チベットに自由を」「チベットに自由を」「チベットに自由を」「チベットに自由を」と叫んでいる。せいいっぱいの力の限りの声。
何ごとか、わたしには分からない。
わたしは、この悲痛の絶望の声に心は恐縮し緊張している。どうして良いかわからない。

少女のきれいな澄んだ瞳とわたしの瞳が直線に合いました。
少女優し瞳は、わたしの恐縮し緊張したこころを優しく穏やかにしました。

わたしは、少女とお話がしたい。
「学校はどう楽しい!、好きなものは何なの、将来は何になりたいの~~~~~」
少女は、何も話してくれない。

きれいな瞳は、たくさんの涙をためている。
たくさんの涙をためた瞳は、きれいでした。
いつまでも見つめていたい。

少女のたくさんの涙は、わたしに何かを語りかているのです!
この少女と遭ったわずかの出来事は、わたしの一生の出来事のようにも感じてしまいました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

少しして、少女は手にしたライターの火を自分の衣服にあてたのです。
「あっ」という間に、少女の全身は炎に包まれました。
事前に少女は、ガソリンをかぶっていたのです。

わたしは、一瞬の出来事と目の前の炎で恐怖し、身体は動けない。
炎の中から、少女の苦しさを絞り出すような声を聞いた。
「チベットに自由を」これが、少女が最後に発した声でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


わたしは、少女の澄んだやさしい瞳が忘れられない。
かわいい声が、記憶から離れない。

わたしは、少女の最後を見とどけたのです。
夢とは言え、確かに少女の最後を見とどけたのです。

見とどけたよ、願いを叶えてあげるね

Syouzyonomoi_2

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想