« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月の記事

2015年1月17日 (土)

今年の初詣は、靖国神社へ行った。

今年の1月1日、初詣に出かけた。

靖国神社へ行った。
そして、昇殿参拝をした。今日の昇殿参拝については二通りありました。
初詣の挨拶に参拝と祈願の参拝であったが、奉納する金額が二千円と五千円以上の二通りであった。

私は、祈願参拝で一万円を奉納した。
祈願の内容は、指定されていて英霊祈願・家内安全祈願・安全祈願・社業祈願・国家安定祈願・厄除け祈願等
である。
ここで、私は事業祈願にしようか、迷ったが学業祈願にした。

御札には、学業成就となっていた。
Ofuda


勉強しない私が、学業祈願なんておかしと思ったが、これから学業をするって事にすれば良いとした。
こんな、解釈でも良いのではないか!


ところで、なぜ靖国神社へ行ったかです。
これは、他に行く所が無かったからです。行ける所が無かったと言ったほうが良いでしょう。

多くの神社は、地域に根ざしているものです。
そして、その神社へは家族連れなどが多いでしょう。
こんな所へ独身の者は、行きづらいですね。

*私は、一人身であることを嘆いてはいないし、当然になるべきようになったと思っている。
 また、この身の私は、普通の人が自分の損得のために出来無い事をやっているので、
 自分を誇らしく思っている。

 靖国神社へ昇殿参拝したのは今回で2回目である。
 今回は、新年という事もあり一緒に昇殿した人も30人から40人位いた。
 前回は、十二三人であった。今度昇殿するときは、人が少ない時にしようと思う。

 今回の昇殿の時、本殿前の中庭にご座が引かれていたが、そこから昇殿された人がいた。
 はっきりと覚えていないが、一人が二人でした。
 年齢は、40歳半ばから50歳台の人だった。この私と同じ年代である。

 どんな人なんだろうか。想像してみた。
 政治家には、どうしても見えない。直感としも政治家では無い。
 この道を通るには、参拝金を通常の料金から一桁は違うでしょうか。
 私の直感としては、普通の人でサラリーマン的な感じがする。
 そして、姿勢もスタイルも良く好感が持てる。
 とにかく、自分もこう成りたいと思う。


 このように想像してみた。
 会社を退職して2年前に起業した人である。
 起業の立ち上げとして、靖国神社へ祈願したのでしょう。
 そして、今回立ち上げた事業がどうにか起動に乗り新年の挨拶の参拝をしたのでしょうか。

 会社を退職して起業するとは、どう言うことか。
 何の為に、起業しなければならないのか。
 でも、これは人ぞれぞれの事情によるものでしょう。

 私の認識では、起業するとは決断すること。
 そして、それは恐れを伴うことです。
 なぜなら、私の認識では起業に失敗したら全てを失う事を意味するからです。
 
   私の好きな場所に、六本木ヒルズがあります。
   ここは、特に起業する人の憧れの場所でもあり、出入りの激しいところである。
   また、自由活発であり優れたものに投資が頻繁に行われるところでもる。
   しかし、新たに入る人もいるが目的を断念し去る者も多くいるのである。
   そして、全てを失う人もいるのである。

 だから、決断のしなければならないのです。
 全てを失う覚悟です。二度と後戻りはできないのです。
 成功の価値は、失うものよりも尊く遥かに大きいのです。

 だったら、自分の全てを賭けるしかないだろう。
 自分の努力では、どうにもならない事もある。
 この時は、神頼みである。

 


« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想