« 少しまえに、こんな夢をみた | トップページ | 毎日が悪いか、最悪かと思ってみた »

2014年4月24日 (木)

私たちの人生はすべて修行である。

昨日4月22日は、会社をおもいっきり休んで塩沼亮潤(しおぬまりょうじゅん)と登山家、冒険家の栗城史多の対談を聞きにいった。この二人は、共に変態だって自ら言っていたくらい面白かった。 なんで、こんな苦しい事すんの?ってから話が始まったけど。結論は結果よりも過程にあることだけがなんとなく分かった。 話のメインはこの方で、大嶺千日回峰行をした人でお坊さんです。 千日回峰とは、この千日間山の中を一日48KM歩くこと。 そして、いったん行に入ったら、何があっても骨が折れても止めることは出来無い掟なのだ。 もう後戻り出来無いという事です。 もし、この行を途中でやめるときは「神様仏様申し訳ございませんでした。千日間歩き通しますと申しましたが~~~~。」 で短刀で自分自身の腹をかき切って自害するか首をつるかで命を断つ掟。 そして、毎日が悪か最悪かの行なのだとのことでした。そして断食と不眠の行は死ぬ直前まで行う行。 人に説教するには、ここまでしないといけないのかと思いました。とにかく説得力がある話でした。 今の自分には凄く大きい価値が有った。 この事は買った本のも書いてあるけど、まだ4分の1しか読んでない。全部よんだらまたブログに書こうと思っている
20140424


« 少しまえに、こんな夢をみた | トップページ | 毎日が悪いか、最悪かと思ってみた »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583198/59524639

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちの人生はすべて修行である。:

« 少しまえに、こんな夢をみた | トップページ | 毎日が悪いか、最悪かと思ってみた »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想