« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の記事

2014年4月30日 (水)

想い出のクラシック音楽 諏訪内晶子

今日、久しぶりにクラシックのCDをかけた。
このCDのには、深い想い出がある。
初めて買ったクラシック音楽のCDで、もう20年近く経つだろうか。

この当時私は、気分が塞ぎ込がちで少々ノイローゼ気味でした。
そして、たまたま買ったCDを聞いたら、その時の感想は凄い。そして、他の人のCDも聞いていみました。しかし私が最も体に感じたのはこの人、諏訪内晶子さんのバイオリンでした。
この諏訪内晶子さんのバイオリンは、私の心にわだかまっていた何かを吹き飛ばそうとしている。

しばらくして、雑誌に諏訪内晶子さんのコンサートがある事を知りました。
東京のサントリーホールでした。「クラシックのコンサートなんて敷いが高くて~」でも、どうしても行きたくなりました。
コンサート日までは一ヶ月以上ありましたが、電話してみたら席が5つか6つ空いていました。
コンサート代は私にとっては安い金額ではありませんでしたし、地方都市に住んでいたので新幹線代、宿泊費と小遣いの範囲を超えていました。
でも、私の心のわだかまりを吹き飛ばそうとしている人のバイオリンを直接聞いてみたい。

バイオリンの弦の毛が切れて行くのが見える位置の席でした。
思っていたより激しい動き、生の演奏とはこんなにも響くのか!
会場に着いて知ったのですが、諏訪内晶子さんは10年ぶりの日本でのコンサートだったのです。
凱旋帰国の最初のコンサートだったのです。だから諏訪内晶子さんも気合が入っていたのでしょう。
20140429

諏訪内晶子さんのバイオリンは、優しさとか癒しよりも
日本刀の刃のような研ぎ澄まされた輝きと鋼鉄の強さとかが似合う気がします。
弱り果てていた私の心に、復活の力を与えてくれたようでした。


2014年4月27日 (日)

毎日が悪いか、最悪かと思ってみた

私の毎日は悪いか最悪かのどちらかである。

そう思ってみた。

そうしたら、不平不満が沸かないことに気づいた。

現状を精一杯でなければ生きれない。

今日、これとこれをしようとしたけど、上手くいかない。

面倒で煩雑でまとまりがない、やりづらい、これでいいのだ。

誰もが、やりにくいからしないのだ。最悪か、それでいいのだ。

明日も、悪いか最悪だろう。これにぶち当たるしかない毎日である。

面倒でやりにくい事を今日は少しできた。

これでいのだ。

2014年4月24日 (木)

私たちの人生はすべて修行である。

昨日4月22日は、会社をおもいっきり休んで塩沼亮潤(しおぬまりょうじゅん)と登山家、冒険家の栗城史多の対談を聞きにいった。この二人は、共に変態だって自ら言っていたくらい面白かった。 なんで、こんな苦しい事すんの?ってから話が始まったけど。結論は結果よりも過程にあることだけがなんとなく分かった。 話のメインはこの方で、大嶺千日回峰行をした人でお坊さんです。 千日回峰とは、この千日間山の中を一日48KM歩くこと。 そして、いったん行に入ったら、何があっても骨が折れても止めることは出来無い掟なのだ。 もう後戻り出来無いという事です。 もし、この行を途中でやめるときは「神様仏様申し訳ございませんでした。千日間歩き通しますと申しましたが~~~~。」 で短刀で自分自身の腹をかき切って自害するか首をつるかで命を断つ掟。 そして、毎日が悪か最悪かの行なのだとのことでした。そして断食と不眠の行は死ぬ直前まで行う行。 人に説教するには、ここまでしないといけないのかと思いました。とにかく説得力がある話でした。 今の自分には凄く大きい価値が有った。 この事は買った本のも書いてあるけど、まだ4分の1しか読んでない。全部よんだらまたブログに書こうと思っている
20140424


2014年4月22日 (火)

少しまえに、こんな夢をみた

夢の中、母との記憶
少しまえに、こんな夢を見た。
母を背負って、桜並木を歩いている夢だった。
心の中で、ちっぽけな私が「夢を忘れたくない」と叫んでいた。
だから私は、夢の記憶を書き残すことにした。

書き残す文章は、綺麗な文章でなければならない。
でも私には、想いは有っても上手くは書けない。
それで私の、つたない文を素敵な人に校正と編集して頂いた。

Pixta_3662007_s


『気づいたら、母と私はそこにいた』

それは夢の中の話。
私は前に向かってゆっくりと歩んでいた。
飽きれてしまう程の単調な夢。
でもなぜか、喉のあたりに引っ掛かるものを感じた。

「いったいなんだろう。」
ふと視線を向けると、そこには母の手があった。
見間違えるはずなんてない。
懐かしい、あの優しい母の手だった。

そういえば背中に少しの重みを感じる。
どうやらこれは母の重みらしい。
母は今、私に背負われているのだ。
視界の端に、母の少しくたびれた農作業用の服が映った。

それにしても、いつの間にこんなに軽くなってしまったのか。
私は急に自分が不甲斐なくなった。
今まで気づかなかったけど、私はこれまで母にたくさん心配をかけてきたのだと思う。
いや、もしかすると私はわざとそのことに気づかないようにしてきたのかもしれない。


私は母の服を綺麗な和服に着替えさせた。
これでよし。
私はまた、母を背負って歩き始めた。
道の脇には立派な桜が咲き誇っている。
風が吹くたびに舞う桜が、時折私と母のもとにやってきた。

この道は初めて通る道だとずっと思っていたけど、
どうやら違うらしい。
この道は、自分が幼い時に母の背に背負われて歩いた道だ…!

そう気づいた瞬間、胸がきゅーっと締め付けられるのを感じた。
少しだけ、息を吸うのが苦しい。
私の背中で、母が何かを話していた。
たぶん、とりとめのないの世間話だったと思う。
でも詳しい内容はどんなに記憶を遡っても思い出せない。

ただ私は、母と話を合わせることに少しばかりのもどかしさを感じていた。
母にとって私は子どもでも、今の私はもう子どもではないからかもしれない。
もう子どもの時の私には戻れないのだ。
母との距離は大分離れてしまった。

なんともいえない寂しさと、
小さい頃歩いた道をまた母と一緒に歩けている嬉しさ。
桃色の景色の中、母を背負って歩く私の心の中で
いろいろな感情が綺麗な模様を描きながら静かに渦巻いていた。

続く~~。

2014年4月14日 (月)

人生が二度あれば、

人生が二度あれば

数日前に、夢を見た。母を背負ってる夢だった。

目が覚めて起きた時に、この夢を書き留めたくなった。

そして、母の写真を取り出して見た。少し若い時の写真で父と一緒の撮ったものでした・

その写真を見ていたら、どうしようもなく切なくなってしまった。

そして、この歌を想い出した。私の青春と呼べる時の歌だ。

  人生が二度あれば

人生が二度あれば、    この人生が二度あれば
        この人生が二度あれば

2014年4月11日 (金)

小保方氏はこの熾烈な世界を知っていたのだとしたら、

小保方晴子氏の4月9日の記者会見。

小保方さん本人が、「STAP細胞はある」と言う以上は確かにある。

巷の、報道があまりにも『くだらない』、本人の人格とか個人的な事はどうでも良い。

求めているのは、真実である。

この熾烈な世界を勝ち抜くためには多少の狡さ賢さも必要だろう。綺麗ごとだけでは勝ち得ない

しかし、この小保方晴子氏にはその狡さ賢さが備わっていない感じがする。

もしかしたら、小保方氏はこの熾烈な世界を知り怖いと感じていたら、

そのSTAP細胞作製の研究途中でも情報が知れ渡る事を防ぐために、

STAP細胞の作製方法を自分だけにしか分からないようにしたのではないか?

なんとなく、そんな気がしている。


 

2014年4月 8日 (火)

初めての靖国神社の昇殿参拝

4月5日、靖国神社へ行った。たくさんの人だった。

ここで、予てより抱いていた事を実行した。

それは、人生儀礼であるが自分にとっては新たな決断を必要とする時には、ここで祈願すると決めていた。
(この儀礼は自分で決めても良いとの事なので)

でも、その日はそんなカッコ良い感じではなかった。

  迷っていた。 思っていたことが出来なかった。 今日はやめようかと考えたが、することにした。

宮司さんから名前を読み上げられた。話しは少しわかりづらかったが、ところどころははっきりと解った。
とても、感動した。この空気、この畳、この部屋、
この静けさ、外ではお賽銭を投げる音とか話し声が最初は聞こえていたが、いつの間にか、宮司さんの声しか
聞こえない。
黙祷した時は僅かに風の音しか聞こえない。これは不思議だった。

20140405_yasukuni1

ここに祀られている方は、江戸時代末期の戊辰の役、及び明治維新で国の礎を築き、日清・日露戦争、満州事変、
支那事変、そして、大東亜戦争の国難に際して命を掛けて国を守り通した方々である。

20140408sanpoi

英霊となられた方々に敬意と感謝する。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想