« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013年12月29日 (日)

耐えなければならないのだ

カール・ユングの心理学の本を開いた。

ぱっと、開いた箇所の文章が、気になっている。

《その人が耐えてゆかねばならない運命からその人を救うことが果たして許されるかどうかということは往々にして真に疑問。》

99240054


《もし、それを取り上げてしまったら彼らは何の取り柄もなくなってしまいます。ありのままの自分自身を受け入れ、
託された人生を真面目に生きることによってのみ、われわれは真の価値と心理学的な発展を期待できる》

これだ、耐えなければならないのだ。逃げたらせっかくの人生が味気なくなる!


2013年12月23日 (月)

諦めることに泣くな、続けることに涙をながせ。

 生きて行くだけなら、必要ない。しかし、どうしてもやらなくては、行動することは
 とんでもなく怖い。
 でも、私は行動するしかない! 神様、私に恐怖をのり越える力を。


素敵なビデオ(和説一部省略)


Subtitles by iBeNobu

あなた自身が既に分かっていることを教えてやる。 世界は必ずしもバラ色ではない、世間はそう甘くない。
世界は非常にえげつなく、不快な場所で、
あなたがどれくらい頑丈でも、あなたを膝まずくまで叩き、あなた次第、許せばそこに置き去りにされる。
あなた自身、私あるいは誰も、人生より強く叩き潰すことはない。
でもそれで、どれくらいあなたが強く叩くことが出来るかについてではなく、
いくら強く叩かれても、前進するか。
どれくらい耐え、前進するか。
勝利はそうやって勝ち取るのだ!

人は自分が出来なったことがあると、「おまえも出来はしない」と言うものなんだ。
本当に欲しいものがあったら迷わず、それを手にするんだ。それだけだ!
失敗するのを恐れるな。
必ずしもいつも勝つことはできないが、決断することを恐れるな。
他に何かが起きると信じるべき。


スキルを発達するためには何時間も何時間も何時間も努力を重ねて、作るんだ。
他人の人生を良くすることが出来ていなかったら、
あなたは時間を無駄にしてる。
諦めるのに泣くな、続けることに涙を流せ。
辞めるのに泣いてはいけない。
あなたは既に苦しみ、既に傷ついている。

今!
自分がどれぐらい偉大か見せてやる。

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想