« 昔々を、想い出した | トップページ | とある女流詩人が作った詩 »

2012年11月18日 (日)

ある女流詩人が作った詩

「道」
水は低きヘと流るるが、

 人は易き(やすき)へと流るるが、

  君は険しき(けわしき)を行くだろう。

   低きヘと易きへと行けぬだろう。

    花咲かす地を知り根付く地を選ぶだろう。

     君は美しきを行くだろう。

      君は貴きを生くだろう。

20121118_160145_800x591_2
ある女流詩人が、詩を作り筆で書いて、そして朗読してくれた。

なぜ、こんな人を知ることができたのだろう!偶然では無く必然だとしたら
それは、宿命であり
そして、この詩のように「生きぬけ」 と言うことだろうか!
だとしたら、それ以外は自分は存在しないだろう。



« 昔々を、想い出した | トップページ | とある女流詩人が作った詩 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある女流詩人が作った詩:

« 昔々を、想い出した | トップページ | とある女流詩人が作った詩 »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想