« 単独行 | トップページ | 家族へ負担を掛けてはいけません »

2012年7月28日 (土)

自分は出来る筈なんだと思わないとね

人類の歩く距離がここ最近、非常に短くなってきている。
特に日本人がすぐに疲れやすくなってきている。なんて情けない。

1900年以前の日本では、皆歩いていたんだ。
江戸から大阪・京都から岩手の平泉、これが当たり前だったんだ。
もともと人間は自分の足で自分の行きたい・行かなければならない所へ
行ってたんだよね。
三蔵法師だって、中国の西安あたりからヒマラヤ山脈の裏側・砂漠地帯・密林といろんな所を
通って、インドまで行ってではないか。

そんあ事考えたらね、【今やろうとしていること】自分は出来る筈なんだと思わないとね。
いやになったらね少々、休憩したいだけだと思うだよ。
そしたら、出来るようになるよ。


 


« 単独行 | トップページ | 家族へ負担を掛けてはいけません »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583198/55294817

この記事へのトラックバック一覧です: 自分は出来る筈なんだと思わないとね:

« 単独行 | トップページ | 家族へ負担を掛けてはいけません »

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想